メニュー

奥深い世界を学ぶ

店内

趣味から実用的なものまで

日本で馴染み深い飲み物にコーヒーがあります。喫茶店やカフェでも気軽に飲める飲み物ですが、コーヒーの世界は深くコアなファンも多いです。バリスタと良く聞くコーヒーに関するプロフェッショナルがいますが、プロが淹れるものは段違いであると言われています。日本にはコーヒーの公的な資格はありません。資格をとったからバリスタと名乗れるといったものはなく、無資格で未経験でもバリスタと名乗れます。しかしバリスタやプロは周囲が決める事と言えます。ではコーヒーの知識を学んだ証明はどう表すのでしょうか。実は公的な資格はないが、民間資格があり技術の証明になります。趣味レベルから実用レベルまであり、中には取得に数年かかるものまであります。コーヒーと同じで資格も奥深いものが多数あります。取得には企業や団体が開講している講座で取得できるものと、養成講座から実技試験、そして筆記試験が必要な資格もあります。講座で取得できるものとしてUCCドリップマスターがあります。通信講座ですが基本的な知識が学べます。本格的に仕事として活用したい場合は、バリスタを目指す人レベルの資格もあります。それがコーヒーマイスターやJBA認定バリスタライセンスです。バリスタは無資格でも名乗れますが、この資格保持がバリスタを名乗る条件というのが業界では暗黙の了解となっています。趣味から実用まで幅広くありますが、人気のお店には必ず保持者がいます。カフェを開店したい方や勤めたい方にもおすすめです。