学んで趣味を極める

男の人と女の人

コーヒーに関する資格は多数ありますが、自分が何を学びたいのか、資格をどう活かしたいのかを明確にして選ぶと良いでしょう。また、受験方法も講座に通う必要のあるものから自宅で受験できるものまで様々なので、受験しやすさも資格選びの基準になります。

詳しく見る

人気記事

メニュー

奥深い世界を学ぶ

店内

コーヒーの公的資格はありませんが、バリスタを名乗る為には民間・認定資格が必須と言えます。それだけコーヒーに対する世間の舌は肥えており、奥深い世界なのです。趣味レベルから実用的、そしてプロフェッショナルまでコーヒーの資格は揃っています。

詳しく見る

JBAバリスタライセンス

バリスタ

コーヒーのプロを目指すのに良いといわれるJBAバリスタライセンスという資格があります。レベルをクリアするごとに技術をアップさせることができるもので、コーヒーにかかわる専門知識を学んでいくことができます。

詳しく見る

確実に得るために

コーヒー

コーヒーの資格を得てプロとして働きたいという人が増えています。そして資格を得たい人の多くがスクールに通っています。プロに技術を指導してもらう事で確実に技術を身につける事ができるからです。もちろん、資格を得るために指導もしっかりと行っています。

詳しく見る

転職やキャリアに役立つ

女性

カフェの人気からコーヒーに携わるバリスタなどが注目されるようになりました。専門家を目指すには、資格取得によって転職やキャリアアップに大きな影響を及ぼすので欠かせないところがあります。コーヒーの資格を目指すための学校が増えているので、そこから学習していけば取得しやすいメリットが出てきます。

詳しく見る

将来開業を目指す場合には

メンズ

調理師向けの専門学校なら

コーヒーが好きでもっと本格的に学んでみたいと考えている人もいるでしょう。最近ではコーヒーを淹れる専門家であるバリスタの認知度も上がっており、バリスタとしてカフェで働くために何らかの資格を取得しようという人も少なくありません。日本ではバリスタとして働くための公的な資格はありませんが、持っていることで有利となる資格はいくつか存在しています。そういった資格を取得する方法はいくつかありますが、コーヒーではなく調理師向けの専門学校に通うという人も少なくありません。最近では調理師専門学校であってもカフェに関するコースが用意されていることもあり、コーヒーについて学ぶことも出来るようになっているのです。また、こういった場所ではコーヒーについて学ぶだけではなく将来カフェを開業して営業していくために必要な知識や技術を学ぶことが出来るようになっています。また、調理師専門学校であればコーヒーだけではなく一通りの料理について学ぶことが出来るのでカフェで出す料理についての勉強も行うことが出来ます。そこで気になるのが調理師専門学校に通うための費用ですが、学費などは基本的に他の専門学校とはそれほど大きな差はありません。ただし、調理師専門学校の場合には実習も数多く行われていますので授業料だけではなく実習費も必要となります。そのため、年間では150万円程度が必要になるとされています。それ以外にも初年度は入学金以外にも教材費や調理器具費などが必要となりますので、合計すると50万円程度の費用がかかるのが相場となっています。